ケアマネ試験に合格するにはどうすればいいか?

酵素の切り抜き、選択範囲いろいろ > 資格 > ケアマネ試験に合格するにはどうすればいいか?

ケアマネ試験に合格するにはどうすればいいか?

ケアマネは介護保険制度を利用者が利用し易いように仲介を行なう国家資格です。

 

ケアマネの資格を取得することで仕事の幅は大きく広がり、職場からは欠かせない存在になることができます。資格手当てなど待遇の向上も期待出来ます。

 

しかし、ケアマネの試験は非常に合格が難しい試験です。当初は人員を確保するために合格率は高めでしたが、最近では20パーセント前後の合格率となっています。

 

ケアマネの試験を受けるためには医療や福祉に関する資格を持っていることや、現場での実務経験などが必要です。

 

つまり、現場経験の豊富な人たちが受験しているにもかかわらず20パーセントの合格率にとどまっているのです。合格率が低い理由としては、出題範囲が非常に広いことがあげられます。

 

福祉や介護に関することはもちろんのこと、医療的な知識や社会資源についての知識も必要です。

 

ではケアマネ試験に合格するためにはどうすればいいのでしょうか。最短の方法は過去問を何度もとくことです。

 

試験で問われる重要な部分は共通しているため、同じような問題が数多く出題されます。その問題を確実に正解することが出来れば合格に大きく近づくことが出来ます。問題は複数の中から選択するマーク方式です。

 

過去問をといていれば選択肢を狭めることが出来るケースも多く、正解率を高めることが出来るのです。